アコムが2012年3月期の第1四半期決算を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月28日

アコム決算

消費者金融大手のアコムは28日、2012年3月期の第1四半期決算を発表しました。

4~6月の四半期純利益は160億3,000万円となり、前年同期比では2.5倍と大幅増益になりました。
貸付残高の減少により、売上高にあたる営業収益は減収となりましたが、株式等の評価損が回復したことにより増益を確保したようです。

営業収益 541億400万円 (18.8%減)
営業利益 182億9,400万円 (17.4%減)
経常利益 187億400万円 (17.5%減)
四半期純利益 160億300万円 (146%増)

過払い金の返還件数は減少している

既に何度か過払い金の返還件数が減少しつつあるとお伝えしていますが、アコム、アイフル、プロミスの大手サラ金3社の利息返還請求件数は6月に3万3,000件と引き続き減っており、前年同期比では5%のマイナスとなっています。

一部ではCMや広告を再開することもわかっており、消費者金融業界も徐々に回復の予兆が出てきているようです。

▲ページの先頭へ戻る
プロミス

カテゴリ

関連リンク