韓国のA&Pフィナンシャルが武富士を買収か

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年4月 9日

昨年9月に経営破たんした消費者金融の武富士のスポンサー入札に新たな動きがありました。

昨日、Jトラストが入札から撤退したことをお知らせしましたが、最も可能性が高かったJトラストが撤退したことで、一気にスポンサー決定へと動き始めたようです。

武富士を買収する方向で最終調整に入ったのは、韓国の消費者金融大手、A&Pファイナンシャルで、武富士側が重要視している事業継続を前提とした経営再建の計画が評価されたようです。

A&Pファイナンシャルは武富士との優先交渉権を11日以降に取得し、4月中に正式なスポンサー契約を交わす方向で調整されているようです。
また、気になる入札金額は数百億円規模になる模様。

武富士の入札にあたっては、東京スター銀行やJトラストと言った日本勢は撤退、残りは投資ファンドのサーベラスとTPG、そして韓国のA&Pファイナンシャルの3社が残っていましたが、やはり韓国企業とはいえ、投資ファンドよりも同じ消費者金融業者に買収されることを武富士は望んだということなのでしょうか。

▲ページの先頭へ戻る
プロミス

カテゴリ

関連リンク