無担保貸付、2月は6兆8417億円に。前年比大きく下回る

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年4月19日

無担保貸付業者
by 416style

日本貸金業協会が19日に発表した『貸金業界の月次統計資料』によると、2011年2月の消費者向け無担保貸付額は6兆8417億円となり、前年比で24%と大きく減少したことがわかりました。

今回対象となったのは59社で、消費者金融業者が18社で3兆331億円(26%減)、クレジットカード会社が26社で3兆7992億円(22%減)となっています。

また、月間の契約件数も67万1231件となり、前年同期比28%となりました。

去年の6月に改正貸金業法が施行されたことをきっかけに、消費者金融の破綻が相次いでおり、どこも経営が厳しく貸し渋っていることがわかります。

融資額や契約件数が減少する一方で、顧客による過払い金返還請求額は393億円となっており、相変わらず高止まり状態が続いています。

参照

▲ページの先頭へ戻る
プロミス

カテゴリ

関連リンク