A&Pフィナンシャルが武富士ブランドの存続意向を明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月17日

takefuji
by yoppy

先日武富士の買収が決まり、日本進出の韓国系消費者金融業者として既に話題となりつつあるA&Pファイナンシャル。

「ラッシュ&キャッシュ」などのブランド名で対面中心に貸し付け業務を行ってきたことは、ゴールドマンサックスが武富士から奪いたかったモノとはでもお伝えした通りですが、日本では武富士ブランドを存続していく方針を明らかにしたようです。

武富士の会見では、4月下旬に買収契約は完了しているとのこと。
債権者には1兆5,000億円もの返済すべき債務があるようで、前途多難は間違いないと思いますが、消費者金融再建のモデルになるとのことから、業界関係者の間でも今後の武富士の動向には注目が集まっています。

これまで業界トップを走り続け、日本の4大サラ金業者になった武富士の存在は多くの日本国民が知っていますし、テレビCMにおいても濃い印象が残っていると思いますので、いまさら社名を変えて営業を行うよりも、このまま『武富士』ブランドを継続して再建した方がいいと判断したのでしょう。

また、会見ではA&Pファイナンシャルの詳細についても語られました。
代表者は40歳代で、情熱を持っている人であるとのこと。
また、日本では消費者金融への参入は初めてとのことです。

武富士とA&Pファイナンシャルは来月にも共同会見を行う予定です。

▲ページの先頭へ戻る
プロミス

カテゴリ

関連リンク