ゴールドマンサックスが武富士から奪いたかったモノとは

2011年4月25日

ゴールドマンサックス
by epSos.de

武富士再建問題で、スポンサーは最終的に韓国の消費者金融業者「A&Pファイナンシャル」に決まりそうですが、最高値での入札をしたにもかかわらず武富士側に選ばれなかったJトラストが武富士管財人を批判するなど、一波乱がありました。

武富士の再建計画に投資ファンドが反発

2011年4月24日

東証
by ehnmark

経営破たんし、現在再建計画の策定中となっている武富士ですが、武富士の管財人が提出した再建計画に、同社の社債を保有する投資ファンド(債権者)が反発しました。

武富士がA&Pフィナンシャルに売却される計画に対して意義を訴え、22日に対案となる独自の経営再建案を東京地方裁判所に提出したようです。

武富士の買収にどんなメリットがあるのか?

2011年4月23日

武富士のロゴマーク

消費者金融大手で破綻した武富士を韓国のA&Pフィナンシャルが買収する方向で話がまとまっているようですが、そもそもなぜ武富士を買収するのかご存知ですか?

倒産した会社を買収することに何の意味があるのだろうと思う方も少なくないと思いますので、A&Pフィナンシャルが武富士を買収するメリットについてまとめてみたいと思います。

武富士のスポンサー選定が白紙になる可能性も?

2011年4月20日

債権者
by emdot

破綻した武富士のスポンサー選定問題で、先日韓国のA&Pフィナンシャルがスポンサーとして内定したニュースをお伝えしましたが、少し問題が生じているようです。

韓国のA&Pフィナンシャルが武富士を買収か

2011年4月 9日

昨年9月に経営破たんした消費者金融の武富士のスポンサー入札に新たな動きがありました。

昨日、Jトラストが入札から撤退したことをお知らせしましたが、最も可能性が高かったJトラストが撤退したことで、一気にスポンサー決定へと動き始めたようです。

武富士を買収する方向で最終調整に入ったのは、韓国の消費者金融大手、A&Pファイナンシャルで、武富士側が重要視している事業継続を前提とした経営再建の計画が評価されたようです。

Jトラストが武富士のスポンサー入札から撤退

2011年4月 8日

経営破綻した消費者金融大手、武富士のスポンサー選定について名乗りを上げていたJトラストが、スポンサー入札から撤退することを発表しました。

Jトラストは武富士同様に消費者金融業者であり、シナジー効果が高いと言われ注目されていましたが、選定プロセスが不透明だったことを理由に撤退を決めたとのことです。

また、Jトラストは武富士に対する入札価格が310億円だったことも発表しました。

▲ページの先頭へ戻る
プロミス

カテゴリ

関連リンク